How to 留学・移住

【#104】教育移住中の健康 保険 はどうすればよいか?高額な海外旅行 保険 は必要なのか?

Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。

今回は、母子留学中に必要な 保険 についてのお話です。

一般的な海外旅行 保険 でいいのか?
それともクレジットカード付帯の 保険 で十分なのか?
はたまたマレーシアで 保険 に入る必要があるのか?

もっとも億劫になってしまう 保険 の話ですが、実は母子留学の前に知っておいた方がいい重要な情報なのです。

Shingo
Shingo
なかなか地味な話ですもんね(笑)
Kana
Kana
我が家の次男の入院事例を元に、お話ししてみたいと思います!

いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ

【#109】 マレーシア 渡航前に知っておくべき現地医療の基礎知識“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、 マレーシア 渡航前に知って...
【#20】マレーシアに教育移住できる 保護者ビザ とは? -我が家のビザ騒動-“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 マレーシアに教育移住をするにあたり、必要とな...

【#104】教育移住中の健康 保険 はどうすればよいか?高額な海外旅行 保険 は必要なのか?

まずは海外旅行 保険 のおさらい

Kana
Kana
教育移住・留学の準備を進める中で、意外な盲点なのが 保険 です。

数日から数週間の海外旅行をする時、渡航期間中に適用される海外旅行保険 に加入してから旅行に出かける方は多いと思います。

海外旅行保険の補償は生命保険と損害保険がミックスされたような内容になっていて、一般的には以下の補償があります。

海外旅行 保険 の補償内容

  • 旅先で急なケガや病気になったとき
    病院で治療を受けたときの治療費や入院費をお支払いします。また、万一お亡くなりになった場合や後遺障害が生じた場合には、一定の保険金をお支払いします。
  • 持ち物が壊れたり盗難にあったとき
    自分の持ち物を誤って壊してしまったり盗難にあった場合、損害額をお支払いします。
  • 飛行機が遅延したとき
    一定時間以上の航空機の遅延による宿泊費や食事代などを補償します。
  • 入院のため家族が現地に行ったとき
    継続して3日以上の長期入院のために家族が現地に行く航空運賃やホテル代、本人が帰国する移送費用などをお支払いします。
  • 手荷物が届かなかったとき
    出発時に航空会社へ預けた手荷物が受け取れず、やむを得ず必需品を購入した場合などの費用を補償します。
  • 損害を与えてしまったとき
    ショッピング中に商品を壊してしまったり、ホテルの客室を水びたしにしてしまったなどで損害賠償を請求された場合に賠償金をお支払いします。

※取扱商品、保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。

引用元: 株式会社グリーンポート・エージェンシーHP “海外旅行保険

海外旅行保険は旅行の方面や期間によって金額が変わってきますが、それほど高額なものではありません。

海外旅行保険に加入するには、大きく分けて以下の4つの方法があります。

  1. 旅行代理店で加入(店頭やオンライン旅行予約サイト)
  2. 保険会社のオンライン申し込みサイト
  3. 空港の保険自動販売機
  4. クレジットカード付帯保険(追加料金不要)

空港の保険自動販売機」は主要な空港には設置されているので、出発当日でも簡単に保険に加入することができます。ネットで加入するより少し割高となりますが、申し込みの手軽さや出発前に加入し忘れた際には非常に助かるサービスです。

クレジットカード付帯の保険」を使う場合、海外旅行保険料として新たに料金を支払う必要はありません。クレジットカード保有者の特典のため、原則的に無料かつ加入手続き不要です。

カード付帯 保険 の中身は事前に要チェック

Kana
Kana
クレジットカード付帯の保険を利用する場合、少し注意が必要です。

なぜなら、クレジットカード付帯保険の場合、カード契約者本人しか補償されない場合や、風邪や病気を含まず傷害だけを補償するという場合があるので、補償内容を旅行前に確認しておく必要があるのです。

例えば、私の持っているクレジットカード付帯保険の補償内容を見てみると、以下のとおりとなっています。

私のカード付帯保険の補償内容

  • 【傷害による死亡】5,000万円
  • 【傷害による後遺障害】150万円〜5,000万円
  • 【傷害・疾病治療費用】150万円
  • 【賠償責任】2,000万円
  • 【携行品損害】50万円
  • 【救援者費用】100万円

死亡や後遺症が残るほどの大事故の際はカバーされる補償内容ではあるけれど、私のクレジットカード付帯保険では、旅行先で食中毒になったり骨折した場合には補償対象とならないので、それを事前に理解しておくほうが無難です。

また、クレジットカード付帯保険の場合、補償期間は1旅行につき渡航日から90日までであることが一般的ですが、その補償が「自動付帯か?利用付帯か?」という点も重要です。

自動付帯はカードを保有しているだけで補償されて出国日から90日間が自動的に補償され、利用付帯は現地で公共交通機関(電車など)の利用実績が補償の起算日となり、その日から90日間が補償対象となります。

したがって、補償内容はもちろん、お手持ちのカードが自動付帯か利用付帯かを旅行前に確認しておく必要があります。

Shingo
Shingo
自動付帯カードとあわせて、利用付帯のカードを1枚でも持っておくと使い分けできて便利だよね。
Kana
Kana
はい、そのほうが便利ですね

教育移住中の健康 保険 はどうするの?

Kana
Kana
駐在員として海外に滞在する場合、一般的には会社が加入する保険で海外医療費は補償されます。

では、私たちのような母子(父子)留学の場合、何か健康保険のようなものに入らなければならない決まりはあるのでしょうか?

結論から申し上げると、特に決まりはありません

それどころか、保険会社に問い合わせてみても「教育移住ですか?母子留学というのはどういうケースですか?」と聞かれることもあり、母子留学自体が認知されていません。

単身留学のための保険やワーホリのための保険という商品は存在するものの、母子留学のための保険商品は存在しないのが実情なのです。

母子留学向けの保険商品がないので、試しに海外旅行保険比較サイトで「マレーシアに1年間、親1人子供1人で母子留学する」という条件で該当する一般的な海外旅行保険を検索してみたところ、ビックリするほと高額は保険料の商品が出てきました。

引用元: i保険 海外旅行保険比較サイト https://www.207207.jp/

高額になる理由は、留学やワークングホリデーなど長期利用を対象とした割引がなく、観光を目的とした保険の正規料金の長期契約というイメージになってしまうからです。

保険なので、いざという時のために備えておくという意味ではケチる部分ではないのかも知れませんが、正直なところ、私はこの金額を見て尻込みしました…(苦笑)

Shingo
Shingo
高くてビックリ。

日本で加入してる 保険 で現地の医療費は補償されるの?

Kana
Kana
そこで湧いてきた疑問があります。
Shingo
Shingo
どんな疑問?
Kana
Kana
海外でかかる医療費は、高額な海外旅行保険でしか補償されないのか?という疑問です。

いろいろ調べてみると、意外にも日本国内で加入する任意保険や国民健康保険でも海外での入院や治療も補償の対象としているものがあることが分かりました。

私たちは保険会社の販売戦略に乗せられているのか、「海外医療費=海外旅行保険」という先入観がありますが、実は日本国内で任意加入している生命保険や医療保険で補償がカバーされている場合があるのです。

実際に、私の加入している保険の中では「Coop共済」が一番安い保険なのですが、月額1,000円の掛け金で海外での入院にも1日6,000円の補償が付きます。

ただし、海外で医療機関に受診した場合の注意点としては、すぐに保険金が支給されるわけではないこと、領収書を日本の保険会社に送付しなければならないこと、保険会社が申請書のダウンロードを提供していない場合は日本で誰かに代理で手続きを行ってもらう必要があることなど、多少の煩わしさがあります。

さらに調べていくと、日本で加入して保険料を納付している国民健康保険も海外医療費補償があることがが分かりました。

給付の範囲

  • 海外療養費の支給対象となるのは、日本国内で保険診療として認められている医療行為に限られます。そのため、美容整形やインプラントなど、日本国内で保険適用となっていない医療行為や薬が使用された場合は、給付の対象になりません。
  • 療養(治療)を目的で海外へ渡航し診療を受けた場合は、支給対象となりません。日本で実施できない診療(治療)を行った場合でも、保険給付の対象とはなりません。

支給金額

  • 日本国内の医療機関等で同じ傷病を治療した場合にかかる治療費を基準に計算した額(実際に海外で支払った額の方が低いときはその額)から、自己負担相当額(患者負担分)を差し引いた額を支給します。
  • 日本と海外での医療体制や治療方法等が異なるため、海外で支払った総額から自己負担相当額を差し引いた額よりも、支給金額が大幅に少なくなることがあります。
  • 外貨で支払われた医療費については、支給決定日の外国為替換算率(売レート)を用いて円に換算して支給金額を算出します。


引用元; 全国健康保険協会HP
海外で急な病気にかかって治療を受けたとき(海外療養費)

ただし、これは海外在住中も日本に住民票を残し、国民健康保険料を継続して支払っている人のみが対象となります。

また、補償される金額についても上記のように決まりがあるので、保険会社の海外旅行保険と同等の金額の補償が受けられるわけではないことを理解しておく必要があります。

加えて、日本に帰国した際にパスポートと保険金申請書(海外でのダウンロード可)、海外の病院の領収書を持って国保の窓口(市区町村の役所)に提出してから審査され、審査が通れば補償額が支給されるという流れになります。

Shingo
Shingo
これはナイス情報。

母子留学中のご家庭は 保険 を皆さんどうしてるの?

Kana
Kana
母子留学中の保険はどうしているのか、何人かのママさんに話を聞いてみました。

すると、高額な海外旅行保険に入っているという人はゼロでした

でも、私の住んでいるサバ州では、保護者ビザ取得にはマレーシアの保険会社の保険に入らなければならないというルールがあり、母子留学のママさんたちは皆さんローカル保険に加入しています。

年齢や補償内容によって値段は変わりますが、私が加入しているのは年額10,000円ほどの掛け金で入院補償の付いた保険です。

さらに、マレーシアのローカルの保険会社の生命保険に加入しているママさんも数人いて、いずれも安価な掛け金で補償が受けられる掛け捨てタイプのものです。

Shingo
Shingo
生命保険とは超意外。
Kana
Kana
生命保険は少数派だけどね。

一方、学校に通う子供は学校で団体傷害保険に加入しており、その保険料は学費に含まれています。

先日、学校で息子が顔面にサッカーボールが直撃した時、念のためクリニックで受診しましたが、受診料は学校加入の保険から全額支給されました。

でも、思春期の息子がニキビ絶頂期の時に私立病院で数回診察を受けた際、受診料は8,000円ほどでしたが、さすがにそれは自腹でした(笑)

 保険 が必要だったかなと不安を感じた次男の入院

Kana
Kana
先日、健康だけが取り柄のはずの次男が入院しました。

入院に至った経緯は、原因不明の高熱と体の発疹。

このご時世、“熱があります…”なんて言ったら病院はたちまち警戒態勢、私は母親であっても病院内に入れてもらえず、付き添うことができませんでした。

コロナ検査3回、デング熱検査、すべて陰性でしたが、熱が下がらず次男は5日間入院しました。

現在は退院してすっかり回復しましたが、請求金額を見た途端、私の方が卒倒しそうになりました。

その額、およそ20万円!

私立病院で5日間入院、主治医は病院専属の医師、そして個室入院だとこれくらいの金額になってしまうようです。

一瞬、「そんなに高いなら、治療を目的に日本に一時帰国しても良かったんじゃないか…」と思いましたが、今の情勢だと発熱患者は飛行機に乗せてもらえないしなぁ…

なので、親子3人で年間40万円の海外旅行保険に3年間払い続けるより今回の支払総額のほうが安いので、「まあ良しとするか!」と割り切ることにしました。

幸いにも、日本で加入している医療保険と国民健康保険で一部補償が受けられるので、この程度の金額で済んでよかったというのが本音です(苦笑)

今回の入院では、“そうか、こういうことも想定しておかなければならないんだな…”ということを思い直す機会となり、教訓の1つとなりました。

保険の考え方は人それぞれ、環境もそれぞれなので、「こうするべき」とか「絶対必要」とか「そんなの必要ないよ」と一概には言えませんが、今回の記事がこれから教育移住される方にとって少しでも参考になれば幸いです。

Shingo
Shingo
次男くんの体調が早めに回復して良かったね!
【#109】 マレーシア 渡航前に知っておくべき現地医療の基礎知識“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、 マレーシア 渡航前に知って...
【#20】マレーシアに教育移住できる 保護者ビザ とは? -我が家のビザ騒動-“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 マレーシアに教育移住をするにあたり、必要とな...

まとめ

この記事が「参考になった」「面白かった」など、皆様のお役に立つことができましたら、投げ銭にご協力いただけると嬉しいです!金額は自由なので皆様のご評価にお任せいたします。Squareの各種クレジットカード決済(ログイン不要)またはPayPal(ログイン必要)の決済で投げ銭できます。どうぞよろしくお願い申し上げます☺️

※ Square社とPayPal社のカード決済システムは多くのサイトで幅広く利用されています。当ブログがご利用者様のカード情報を得ることはありませんのでご安心ください。

次回に続く

クリックして応援してください!!励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

あわせて読みたい
How to 留学・移住

【#108】クアラルンプールの地元で信頼が厚い名門学校法人、 テイラーズ が運営する人気インターナショナルスクール5校

2021年7月10日
Go for it|マレーシア教育移住日記
“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、マレーシアでは有名な学校法人 テ …
How to 留学・移住

【#145】想像を超える贅沢なキャンパス、 テンビー・インターナショナルスクール Setia EcoPark 校に学校見学に行ってきました

2022年3月15日
Go for it|マレーシア教育移住日記
“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 テンビーという学校法人は1960年にイポ …
マレーシア親子留学・教育移住・学校選びについて素朴な疑問にお答えします
質問・無料相談してみる
親子留学・教育移住の無料相談はお気軽に
質問・相談する