How to 留学・移住

【#45】 留学エージェント の不誠実な思惑(前編) – 東大の合格者が出ましたよ!というミスリード

Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。

日本の私立中高でもその先の大学進学実績は重要な学校選びの要素となりますが、マレーシアのインター校でも 留学エージェント は大学進学実績を売り文句として語ります。

しかしその中身は自分の商売に都合の良い部分だけであり、都合の悪い全体像を語りません。今回は保護者として見た 留学エージェント の不誠実な実態をお伝えいたします。

2021年5月、彼が合格したのは文科一類から理科三類の旧来の学部ではなく、私たちの予想どおり、日本人留学生にはほぼ受験資格がないPEAK学部であることが判明しました。(2021年6月2日追記)

Kana
Kana
なかなか興味深い話ですね
Shingo
Shingo
アンフェアな広告誘引が目に余るので、ここで指摘しておきます
【#46】 留学エージェント の不誠実な思惑(後編) - 進学実績の中身を説明しない無責任さ“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 今回も、前回の前編に引き続き、マレーシアのイ...

アンフェアなことは許さない

Shingo
Shingo
僕は新卒で入った大手レコード会社で、3年間法務部に勤務していました。

当時、所属するメジャーなアーティストは、ドリカム、米米、プリプリ、ジュディマリ、民生、浜省などで、洋楽で言えばマイケル、ビリー、マライアあたりでした。

Kana
Kana
全員知ってる。
Shingo
Shingo
その大手レコード会社に新卒で入社した訳ですが…

3年目に法務部に異動となり、当時40社近くあったグループ会社も含めた膨大な数の広告のコンプライアンスチェックが僕の仕事の大きな部分を占めていました。

広告の法務チェックで頭に入れておかなければならない法律の代表選手が、景品表示法です。正式には「不当景品類及び不当表示防止法」という名称で、その法律の趣旨はこうです。

景品表示法の目的

事業者(メーカー、販売・サービス業者)は、売上・利益の増大のために、各種広告等における自らの商品・サービスの表示(商品名、キャッチコピー、説明文、写真・イラストなど)を消費者にとって魅力的なものにしようと考えておりその表示が不当(虚偽・誇大)だったり景品類が過大だったりすると公正な競争が阻害され、消費者が商品・サービスの選択に悪影響を及ぼすので、そのような不当な表示や過大な景品類を規制して公正な競争を確保することにより、消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ることを目的としている。

引用元: Wikipedia『不当景品類及び不当表示防止法

端的に言うと、業者が売上や利益を増やすために広告で“商品やサービスを事実より良く見せたり嘘ついたらダメよ”という法律で、例えれば“松坂牛じゃないのに松坂牛と称して販売するのは許しません”ということなのです。

Kana
Kana
そりゃそうだ
Shingo
Shingo
だよね(笑)

その後のキャリアで僕はマーケティング畑を歩んできたので、広告を作る側の意図が分かるし、法務部での経験から広告ではやってはいけないコンプライアンスの観点も理解しています。

そういう僕のキャリアが起因してかどうか分かりませんが、僕は消費者を優良誤認させるようなアンフェアな広告を見ると看過できません

ちなみに“留学エージェント”というビジネスの場合、ブログも広告に当たります

東大の帰国生受験ってどうなってるの?

Kana
Kana
東大といえば、誰もが認める日本の最高学府。
Shingo
Shingo
僕は都立高校上がりで1浪した雑草系なので、東大に対してまったく憧れはありませんが、多くの日本人が目指す大学の1つなんだろうね。

東大の募集要項をみると、日本人の帰国生受験としては、文科一類、文科二類、文科三類、理科一類、理科二類、理科三類の各学部でいずれも若干名の募集があります。

引用元: 東京大学『外国学校卒業学生特別選考(1種:私費留学生・2種:帰国生徒)』
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/admissions/undergraduate/e01_02_04.html

そして、その受験資格を見ると、ケンブリッジ式インターナショナルスクールやカレッジでAレベル(A-Level)を修了した生徒は受験資格があるとのこと。

Shingo
Shingo
ケンブリッジ式のインターナショナルスクールで学んできた子たちにとっては良い情報だね。

さらに、従来の上記学部以外にも、授業をすべて英語で行う4年間駒場キャンパス限定のPEAK(The Programs in English at Komaba)という学部もあります。

The University of Tokyo PEAK
http://peak.c.u-tokyo.ac.jp/

ただ、このPEAKは日本人の帰国生についてはかなり受験要件が厳しいです。

東京大学PEAKの受験要件

引用元: 東京大学 PEAK
http://peak.c.u-tokyo.ac.jp/apply/admissiondownloads/index.html

つまり、小学校から高校までの12年間の教育で、前半の6年間のうち4年間、かつ、後半の6年間のうち5年間を日本語以外の言語で教育を受けていることが要件となっています。

Kana
Kana
その条件だと、マレーシアにいる多くの日本人留学生は受験資格なしだね。
Shingo
Shingo
そうそう、ほぼネイティブのように海外で育ってきた日本人でないとPEAKは受験できません。

東大合格というすばらしい進学実績

2020年5月、息子が以前に通っていたインターナショナルスクールで、“東大に進学する生徒が出た!”というすばらしいニュースが飛び込んできました。

学校の広報によると、2020年はケンブリッジ大学やスタンフォード大学など世界に名だたる大学への進学実績に加え、初めて東京大学へ進学する生徒が出たということで、マレーシアに子供を留学させている日本人の親としてもたいへん喜ばしいニュースです。

引用元: Epsom College in Malaysia

同校のシックスフォーム(Aレベル)の実績は毎年すばらしく、特に海外の一流大学に子供を進学させたいという希望を抱いている親としては、“この学校で子供にAレベルを学ばせたい!”と大きな期待が膨らみます。

優良誤認させる 留学エージェント の実例

同校から東大合格者が出たことについて、複数の留学エージェントがそのニュースに即座に反応し、ブログで取り上げた実例をご紹介します。

東大に受かったのは日本人であるようなニュアンスのパターン

まずは、同校への入学斡旋ほぼ専任と言ってもいいほどに特化した留学エージェントA社のブログ記事。

引用元: A社
『【速報】今年、エプソムから東大合格者が出ましたよ!』2020.5.30 (2020.12.20現在)

Shingo
Shingo
ここでは日本人が東大に合格したとの明記はありませんが、ぜひ文脈を読んでみてください。

エプソムの進学実績はどうですか?という質問をよくいただくのですが、この通りかなりいい結果が出ていると思います

Shingo
Shingo
どう思います?
Kana
Kana
このとおりかなりいい結果”と言い切ってしまうところに、全部が日本人だと思えなくもない印象を持ちますね。だって、このブログは日本人向けに書かれた日本語のブログですからね。
Shingo
Shingo
そうですよね。

 

続きまして、ペナン島に拠点を置く留学エージェントB社という会社のブログ記事。

引用元: B社
『東大への道のり・EPSOM Collegeから』2020.6.3 (2020.12.20現在)

切り出してみると、

とは言え普通に日本の高校から受験するのとは比較にならない位楽な道のりになるのではないでしょうか?!

Shingo
Shingo
どう思います?
Kana
Kana
うーん、実践している我が家の感覚からすると、決して楽な道のりではないですね。
Shingo
Shingo
この人、まったく分かってないんだよね。

東大に受かったのは日本人であると断定するパターン

お知らせ (2021年1月28日付)

C社様より「誤り箇所を訂正しお詫びの一言をホームページに掲載しました」とのご連絡をいただきました。誠意をもってご対応してくださったようです。

私たちは、親の立場から留学情報を発信することをブログのコンセプトとしておりますので、事実をなかったことのように記事を丸々削除することは出来かねますが、内容については部分的に訂正させていただきましたことをここにお知らせ申し上げます。

最後に、クアラルンプールに拠点を置く留学エージェントC社のブログ記事。

中略

引用元: C社記事
『【留学コーディネーターが選ぶ!】おすすめのマレーシアのインターナショナルスクール5校!』2020.9.4 (2020.12.20現在)

切り出してみると、

エプソムカレッジから東大へ進学した日本人学生をはじめ…

Shingo
Shingo
東大に進学したのは日本人学生と断定しています。加えて言えば、同校はIBカリキュラムはやってないです。
Kana
Kana
エージェントがカリキュラムを知らないなんて…(笑)

東大に受かったのは誰?

Shingo
Shingo
僕は今もエプソムカレッジに日本人のママ友やマレーシア人のテニス友達いるので、“東大の合格者が出たんだよ!”ということはすぐにニュースとして伝わってきました。

それすごいね!”と返答したのも束の間、そのママ友からの切り返しにビックリ…

でもそれね、日本人じゃないみたいよ。Aレベルを教えているイギリス人の先生の超優秀な息子さんなんだって…

さらに隣りで聞いていた別のママ友が、“なんだぁ〜、日本人じゃないんだ〜”と明るく笑って聞き流してました(笑)

ということで、結論は東大に合格したのは日本人ではないということ。

同校の公式YouTubeチャンネルによると、東大に合格したというイギリス人の子はこの子です。

2021年5月、彼が合格したのは文科一類から理科三類の旧来の学部ではなく、私たちの予想どおり、日本人留学生にはほぼ受験資格がないPEAK学部であることが判明しました。(2021年6月2日追記)

これは僕の個人的な意見ですが、同校のAレベルの子たちは非常に優秀だと思います。

ママ友の話によると東大に受かったこのイギリス人の子は、エプソムカレッジでたくさんの日本人留学生と話すうちに日本のカルチャーに興味を持つようになり、ケンブリッジ大学も受かるくらいのレベルだったけど東大への進学を選んだのだそうです。そういった生徒同士のカルチャーの刺激は、ボーディングスクールならではのすばらしい点であると感じます。

一方で、ネイティブの子がAレベルで優秀な成績(おそらくA,A,Bかそれ以上)を修めれば、東大合格は十分可能ということは事実としてあるのだと思いますが、この水準の成績を非ネイティブの子がAレベルで修めるのは相当の努力が必要だし正直かなり難しいというのが現実です。

東大に受かったのはイギリス人であるという事実を知ってか知らずか、そのことをどの留学エージェントもブログに書きません。これからマレーシア留学を検討する潜在的な顧客に向けた記事なので、イギリス人の子であることを敢えて伏せているのです。

Shingo
Shingo
アンフェアだと思いませんか?
Kana
Kana
うん。なんか嫌な感じ。

マレーシアの日本人留学生は世界を目指している

Shingo
Shingo
あと、これらの留学エージェントが根本的にズレているなと思うことをもう1点。

そもそも、マレーシアのインターナショナルスクールに留学しているのは、我が家も含め、どちらかというと東大を頂点とする日本の偏差値教育に嫌気がさしてマレーシアに来たご家族がほとんどです。

子供たちは、将来日本に限らず世界の舞台で自分の個性を発揮して活躍することを目指しており、ほとんどの親もそう願っています。少なくとも僕は、マレーシアに来て東大を目指しているなんて子を見たことがありません。

ここに、東大の名のもとに集客しようという留学エージェントの“売らんかな”という意図が透けて見えるのです

Kana
Kana
うん。ズレてるね(笑)
Shingo
Shingo
なので、留学を検討するご家族の皆さんには、留学エージェントの情報に100%依存するのではなく、自らもしっかり情報収集して学校選びをしていただきたいと思うのです。
【#46】 留学エージェント の不誠実な思惑(後編) - 進学実績の中身を説明しない無責任さ“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 今回も、前回の前編に引き続き、マレーシアのイ...

まとめ

この記事が「参考になった」「面白かった」など、皆様のお役に立つことができましたら、投げ銭にご協力いただけると嬉しいです!金額は自由なので皆様のご評価にお任せいたします。Squareの各種クレジットカード決済(ログイン不要)またはPayPal(ログイン必要)の決済で投げ銭できます。どうぞよろしくお願い申し上げます☺️

※ Square社とPayPal社のカード決済システムは多くのサイトで幅広く利用されています。当ブログがご利用者様のカード情報を得ることはありませんのでご安心ください。

次回に続く

クリックして応援してください!!励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

あわせて読みたい
How to 留学・移住

【連載8】マレーシアへの 教育移住 、我が家の目指すゴールとマレーシアならではの教育移住の醍醐味とは?

2021年4月29日
Go for it|マレーシア教育移住日記
“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、 教育移住 や母子留学を決意した …
How to 留学・移住

【#157】2022年9月開校!大注目の英国伝統校のペナン姉妹校、 ストーニーハースト ・インターナショナルスクール徹底解説

2022年7月10日
Go for it|マレーシア教育移住日記
“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 2022年9月、ペナン島に429年の歴史 …
マレーシア親子留学・教育移住・学校選びについて素朴な疑問にお答えします
質問・無料相談してみる
親子留学・教育移住の無料相談はお気軽に
質問・相談する