学校・学習

【#22】日本にはない!高校の卒業資格だけで行けるマレーシアの大学の ファウンデーションコース

Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。

マレーシアの大学の ファウンデーションコース は日本人の高校生にはあまり知られていませんが、地元マレーシアの生徒にとってはポピュラーな大学進学ルートの1つです。

今回は日本人留学生の進学可能な ファウンデーションコース を解説し、 ファウンデーションコース を設置しているマレーシアの私立大学をご紹介したいと思います。

Shingo
Shingo
Kanaさん、今日のネタは何ですか?
Kana
Kana
今日は、大学に進学するためのファウンデーションコースについてお話ししましょう!

いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ

【#20】マレーシアに教育移住できる 保護者ビザ とは? -我が家のビザ騒動-“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 マレーシアに教育移住をするにあたり、必要とな...

【#22】日本にはない!高校の卒業資格だけで大学に行ける ファウンデーションコース

 ファウンデーションコース とは

日本ではあまり耳慣れないファウンデーションコースという言葉。日本語に訳すと“大学進学準備コース”と呼ばれています。

海外の多くの国では、日本のように特定の日時に入学試験を行うという大学受験がありません。日本、韓国、中国など東アジアの国々の大学受験は一発試験なのですが、世界の中ではかなり少数派なんです。

では、もし日本の高校生がマレーシアの大学に進学したいといった場合、どのように進学するのでしょうか?

その方法の1つに、ファウンデーションコースへの進学があります

ファウンデーションコースとは、海外の大学に進学するために必要な“基礎学力”と“知識”を学ぶための大学進学準備コースのことを指します。これはマレーシアに限らず、世界の大学で多く採用されてるシステムです。

各国の定める高校までの課程を修了している生徒に、ファウンデーションコースの入学資格があります。教育制度の違う国から集まった留学生は、高校在学中に勉強してきたことがそれぞれ違います。

例えば日本では、高校の授業に英語エッセイの書き方や、パソコンを使ったプレゼンテーションの仕方はほとんど学びません

しかし、海外の高校ではそれらを高校の教育課程で学んでいる場合が多いのです。

実際、うちの息子たちはケンブリッジ式インターナショナルスクールのYear11(最終学年)でそれらを学び習得しています。

またイギリスをはじめ義務教育が11年で修了する国も多いため、日本のように12年学んできた生徒との1年間のギャップを埋めるという意味合いも持っているようです。

それぞれ違ったカリキュラムで学んできた学生が海外の大学に入学し、大学のカリキュラムに付いていくための準備をする(足並みを揃える)ためのコースが、ファウンデーションコースなのです。日本の大学の一般教養課程に近い位置付けと解釈すると、分かりやすいかも知れません。

つまり、大学で学ぶための準備をしたい、または大学で何を学ぶかをじっくり考えたいという生徒が集まっているのがファウンデーションコースなので、いきなり大学の本科(学士課程 : Bachelor Degree)に入るより不安が少なくて済むんです。また、同じ気持ちの生徒と出会えるのというメリットもあるんです。

入学時に学部を絞り切れない場合も、いったんファウンデーションコースに入学し、一般的な基礎課程を学びながら学びたい学部を絞るという生徒もいます

マレーシアの大学は3年で卒業するのが一般的なので、ファウンデーションコース1年+大学3年で計4年になるため、日本に戻って就職する時にも、高校の同世代と同じ年に就職すしやすいという利点もあります。

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドでは、日本からの留学生はファウンデーションコースの履修が必須となっていますが、マレーシアでは日本の高校を卒業した生徒はファウンデーションコース履修が必須ではありません

大学によってファウンデーションコースの入学条件は異なりますが、日本高校の成績とIELTSスコア5.5以上などの英語力をクリアしていることと、ファウンデーションコースで学ぶ一般教養の知識が備わっていれば、大学の学士課程(Bachelor Degree)に入学することが可能となっています。

ただ注意しなければならないのは、学士課程(Bachelor Degree)に直接入学した場合、ファウンデーションコースで必要とされるその分野の基礎知識および英語力は習得しているとみなされて英語で授業が行わるので、自身の英語力と学士課程(Bachelor Degree)で学ぶ専門的な用語の知識があるか?問題なく授業に付いていけるのか?を考えておくことが必要です

日本の高校からマレーシアの大学へのルート
イギリス式インター校からマレーシアの大学へのルート

ファウンデーションコースは、多くの大学(University)に設置されています。または、他の私立のカレッジ(College)や語学学校が併設している場合もあります。カレッジが設置するファウンデーションコースの場合、修了後はカレッジの提携先大学の中から進学したい大学を選ぶことができます。

ファウンデーションコースは通常9ヶ月のコースで、修了後はそのまま大学の学士課程(Bachelor Degree)に進学することが可能です。英語力のキャッチアップのための授業も含まれますが、さらに必要な場合は英語の補習クラスを取ることも可能です。

日本の大学受験と海外とのギャップ

Kana
Kana
よく耳にする“日本の大学は入るのが大変だけど出るのは簡単。海外の大学は入るのは簡単だけど出るのは大変”という話。これは確かにあると思います

海外の大学が一概に卒業するのが大変とは言い切れませんが、入学には多種多様の方法があって、大学は受験で生徒を落としたいのではなく、受け入れる方法をたくさん用意して、多様な学生の入学を期待しているというように見受けられます。

つまり、海外の高校生は大学進学に過度な不安やプレッシャーを抱えることなく、大学受験に支配された日本の高校生活とはまったく違う高校生活を送っているのです

もちろん、希望する大学に入るための成績が足りなければ学校の成績を上げる努力はしなければなりませんが、寒い寒い日本の冬の時期に予備校に通ったり、滑り止めのために何校もの学校に受験料を払う必要ないのです。

Shingo
Shingo
たしかに、その違いはあるかもね

我が家の長男の場合(Kana)

Kana
Kana
我が家も日本では大学受験をしないということを視野に入れて、高校生での海外留学を選びました

うちの長男は、インターナショナルスクールの卒業試験成績(IGCSE Examination Results)だけでマレーシアの大学に入りました

すでに学びたい学部を決めていたので、ファウンデーションコースは選ばずディプロマコース(Diploma)に入学しました。(ディプロマコースについてはまた後日お話します)

常夏のマレーシアで伸び伸び過ごしながら、塾にも行かず大学進学を果たすことができました。

それだけで家庭内ストレスも経済的負担も少なく、進路についての親子喧嘩もなく、これといった反抗期もなく大学入学を果たすことができました。

親子喧嘩軽減のためにも、皆さんにもぜひマレーシアの大学をお勧めしたいと今は思ってしまいます!(笑)

Shingo
Shingo
高校時代を伸び伸びと過ごせるのは大きなメリットだよね
Kana
Kana
はい。子供が大学受験を迎える親としては普通こんな風に考えるものです

うちの子が行ける大学なんてあるのかしら?
できるだけ良い大学に行って欲しいんだけど…

Shingo
Shingo
たしかに、それが普通の親心だからなぁ…
Kana
Kana
でも安心してください!

マレーシアには行ける大学はたくさんあるんです。日本のように大学時代に遊びにかまけず、本気で勉強できて就職にも直結するスキルを学べる大学が。

Shingo
Shingo
ふむふむ
Kana
Kana
私は、日本では大学は実質4年間ではないと思っています

つまり、高校に入った時から大学受験を意識付けられ、塾に通い、あと3年、あと2年、あと1年とカウントダウンされる。

こう考えると、高校1年生から計画的に動いていかなければならないのが日本の大学受験と思えてなりません。

本来楽しいはずの高校生活は、いったいどこへ行ってしまうんだろう…

これが日本の多くの高校生の実情ではないでしょうか。

Shingo
Shingo
たしかにそうだよね…
Kana
Kana
これは私個人の感覚ですが…

一発試験のシステムの日本では志望する大学の受験に失敗するリスクもあるので、志望大学に行けない可能性があるなら、またはそのために高校3年間という人生でもっとも貴重な年頃に大変な苦労をするなら海外の大学に進むことを選んだほうがきっと将来的にも得るものが多いのではないかと思います

大学入学は決してゴールではありません。大学から先の就職や人生を考えると、社会に出てからは、様々な経験や幅広い発想などの多様性がますます求められる時代になっているのです。

だからこそ選択肢の1つとして、海外の大学、特に学費もリーズナブルなマレーシアの大学を考えてみるのもきっと良いことだと私は思うのです。

Shingo
Shingo
勉強になります!先輩!(笑)
【#20】マレーシアに教育移住できる 保護者ビザ とは? -我が家のビザ騒動-“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 マレーシアに教育移住をするにあたり、必要とな...

 ファウンデーションコース を設置する主要私立大学

ファウンデーションコースを設置しているマレーシアの主要な大学は、以下のとおりです。

Asia Pacific University
アジアパシフィック大学
https://www.apu.edu.my/
世界中から留学生が集うマレーシアIT系大学の雄。企業からの評価高く就職率も高い。

HELP University
ヘルプ大学
https://help.edu.my/
LSEはじめ、英国や豪州の名門大学とのツイニングプログラムが魅力。

Heriot Watt University Malaysia
ヘリオット・ワット大学
https://www.hw.ac.uk/malaysia/
英国スコットランドの名門私立大学のマレーシア校。

Monash University Malaysia
モナッシュ大学マレーシア校
https://www.monash.edu.my/
世界大学ランキングTOP100の常連、オーストラリア本校の学位がマレーシア校で取得可能。

Sunway University
サンウェイ大学
https://university.sunway.edu.my/
英国の名門ランカスター大学とのデュアルディグリープログラムがすごい。

Taylor’s University
テイラーズ大学
https://university.taylors.edu.my/
マレーシア私立大学で世界ランキング最上位の名門校。米国名門大学編入プログラムが人気。

UCSI University
UCSI大学
https://www.ucsiuniversity.edu.my/
マレーシアで人気の総合私立大学。インターンシップと就職に強み。

University of Nottingham Malaysia
ノッティンガム大学マレーシア校
https://www.nottingham.edu.my/
英国で大学ランキング上位の常連、名門ノッティンガム大学のマレーシア校。

University of Wollongong Malaysia KDU
ウーロンゴン大学マレーシアKDU校
https://www.uowmkdu.edu.my/
オーストラリアの名門ウーロンゴン大学のマレーシア校。

【#20】マレーシアに教育移住できる 保護者ビザ とは? -我が家のビザ騒動-“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 マレーシアに教育移住をするにあたり、必要とな...

まとめ

この記事が「参考になった」「面白かった」など、皆様のお役に立つことができましたら、投げ銭にご協力いただけると嬉しいです!金額は自由なので皆様のご評価にお任せいたします。Squareの各種クレジットカード決済(ログイン不要)またはPayPal(ログイン必要)の決済で投げ銭できます。どうぞよろしくお願い申し上げます☺️

※ Square社とPayPal社のカード決済システムは多くのサイトで幅広く利用されています。当ブログがご利用者様のカード情報を得ることはありませんのでご安心ください。

次回に続く

クリックして応援してください!!励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

マレーシア親子留学・教育移住・学校選びについて素朴な疑問にお答えします
質問・無料相談してみる
親子留学・教育移住の無料相談はお気軽に
質問・相談する