学校・学習

【#120】補習授業校って知ってます?海外での子育てで不安な日本語学習不足を補う日本人補習授業校とは

Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。

今回は、これからマレーシアへの親子留学や教育移住をお考えの皆さんにはあまり知られていない 補習授業校 のお話です。

マレーシアにいくつかある 補習授業校 のうち、最も規模が大きいペナン日本人 補習授業校 の先生にお話を伺うことができましたので、併せてご紹介したいと思います。

Kana
Kana
コタキナバルには 補習授業校 はないです。
Shingo
Shingo
ペナンの他には、クアラルンプールとイポーに 補習授業校 があるようですね。

いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ

学費別 マレーシア インターナショナルスクール 一覧 (ペナン編)“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、好評だったクアラルンプール近...
【#119】在マレーシア日本大使館で パスポート の更新をしてきました“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、在マレーシア日本大使館での ...
【#25】 マレーシア の運転免許と車事情 - 正直怖い思いを何度もしてます -“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 今回は、 マレーシア での車事情についてお伝...

【#120】 補習授業校 って知ってます?海外での子育てで不安な日本語学習不足を補う日本人 ​補習授業校 とは?

日本人 補習授業校 とは

補習授業校 (以下、「補習校」といいます)は、日本語を母国語とした子供や、両親のうちどちらかが日本国籍を持つ子供に国語学習の機会を提供する非営利団体運営の学校で、マレーシア各地にある「日本人学校」とは別の団体です。

マレーシアには企業の駐在派遣や親子留学のご家庭が多く、全日制の日本人学校があるものの子供をインターナショナルスクールに通わせているご家庭も多く見られます。

お子さんが幼稚園生や小学校低学年のうちからインターに通っている場合、日本語(国語)教育の不足に不安を感じる保護者の方も多いのではないかと思いますが、そのようなご家庭の子女に向けて、ボランティアの先生や保護者の方々によって日本語教育を場を提供しているのが補習校なのです。

文部科学省のHPによると、補習校を以下のように定義しています。

文科省による 補習授業校 の設置目的

【対象】現地校に通学する児童生徒が

【目標】再び日本国内の学校に編入した際にスムーズに適応できるよう

【内容】基幹教科の基礎的基本的知識・技能および日本の学校文化を

【方法】日本語によって学習する

教育施設である。

引用元: 文部科学省HP『補習授業校の設置目的

以上を踏まえ、補習校では、全日制日本人学校へ通わない海外在住日本人子女が、日本へ帰国時に日本の学校生活に適応するための国語・学校文化・日本の文化伝統の教育機会の提供を目的として運営されています。

​子供たちがいずれ日本に帰国して日本の学校制度に戻る場合、日本の学校での過ごし方を体験しておくことには意義があり、海外にいるからこそ日本人として日本の文化や習慣を知っておくことは大切です。

補習校では、文科省指定の日本の小中学校カリキュラムに則り、日本の教科書に添って国語や算数の授業を行うことを主な目的としています。

授業は毎週土曜日と限られているため、教科書を網羅的に学習するというよりは、重要なポイントを抜粋して授業が行われます。

日本語の読み書きだけではなく、話すこと、聞くこと、さらには授業参観、避難訓練、書初め、入学式・卒業式など学校行事も行うこともあり、授業以外の学校行事も取り入れて、日本人としての精神的な成長を促し、子供たちが日本での学校生活と同じような体験ができるよう運営されています。

Kana
Kana
趣旨が素晴らしい。
Shingo
Shingo
おっしゃるとおり。

ご参考までに、Wikipediaの「補習授業校」も併せてご案内しておきます。

ペナン日本人 補習授業校 とは

Shingo
Shingo
マレーシアにある補習校で最も規模が大きいのが、ペナン補習校です。

 ペナン日本人 補習授業校 
https://www.pjss.info/

Facebook公式ページ

2021年8月現在、ペナン補習校はコロナ感染拡大の影響を受けて休校となっています

ペナン補習校の運営団体は、Penang Japanese Saturday School Association (PJSSA)という非営利団体です。補習校に子供が通う場合、保護者はPJSSAの会員になる必要があります。PJSSAは「ペナン日本人会」とは別の組織のため、ペナン日本人会に入会する必要はありません。

PJSSAの運営は、子供たちの保護者をはじめとするボランティアの有志によって行われています。

補習校への参加を希望する場合は、入学時にPJSSAが定める会費を納める必要があります。

授業は、ペナン島の中心地であるジョージタウンにある「UOWマレーシアKDUペナン大学」の校舎の教室を借りて、毎週土曜日に行われています。

小学生未満の未就学児を対象とした「たけのっこクラス」では、ひらがなカタカナの簡単な読み書き、読み聞かせ、歌、日本語を使ったゲーム、季節の行事、礼儀・マナーなどを教わることができます。

たけのっこクラスの概要

日本語を母語としない日本人のお子さんと、日本語幼稚園に通わない年長児さん向けのクラスです。

【授業日】土曜日 午前9時00分~
【内容】ひらがなカタカナの簡単な読み書き、読み聞かせ、歌、日本語を使ったゲーム、季節の行事、礼儀、マナーなど
【授業料】RM40(2コマ)×授業日数

「小学部」「中学部」では、国語と算数(数学)を教わることができます。

小学部・中学部の概要

【授業日】土曜日 午前9時00分~
【科目】国語、算数(数学)
【授業時間数】国語3時間 (小学部45分/中学部50分×3コマ)、算数(数学)1時間(小学部45分/中学部50分×1コマ) ※算数(数学)は希望者のみ
【年間開校日数】40日
【1日の授業料】国語RM50(3コマ)、算数(数学)RM25(1コマ)

詳しくは、ペナン補習校HPの「生徒募集」のページか「ペナン日本人補習校学校案内(PDF)」をご参照ください。

 先生へのインタビュー

Shingo 先生、 今日は補習校についてお話を聞かせていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

先生 こちらこそ、よろしくお願いします。

授業はどういうスケジュールで行われているのですか?

先生 毎週土曜日、朝の9時から12時まで3時限の授業を行っています。国語を3時限目までやって、4時限目には希望者に算数の授業を行っています。

科目は国語がメインなんですか?

先生 そうですね、元々、母国語を日本語とする児童に国語教育の機会を提供することを目的としているので、国語がメインです。

HPを見ると、かなり多くの生徒がいるようですが?

先生 現在は、全体で30人くらいいます。それでもコロナの影響でだいぶ少なくなりました。ペナンからもかなり日本に帰国されたご家族も多く、私が担当する学年の生徒数は4〜5人です。

一番生徒が多いのは1年生で、多い学年だと10人以上いることもありますが、補習校は「小さい子供たちの国語教育の補完」という趣旨のため、学年が上がるにつれて生徒数は少なくなり、中学部は学年に生徒が1人とか2人になってしまうので、中学部は複式といって学年をまとめて授業を行う場合もあります。

先生はどのような体制ですか?

先生 1学年1クラスで1人の先生が担任をしています。1年生から6年生、そして中1から中3まで先生がいて、その他にティーチングアシスタント(TA)が付いています。人数が少ないクラスはTAが付きません。

どの学年のクラスを担当されてるんですか?

先生 私は小学校低学年を担当してます。国語を教える先生がその学年の担任になります。授業は日本の教科書に添って教えています。その中で、漢字はかなり重点的に学習しています。教科書に出てくる題材に沿って、読み書きしたり、発表してもらってます。短歌や俳句も作ります。

たけのっこクラスは何をするのですか?

先生 たけのっこクラスは未就学児なので、文科省のカリキュラムでの勉強はしません。なので、児童館のようなイメージに近いですね。

中学部の授業はどんな内容なんですか?

先生 中学部になると、国語の授業と漢字の授業を分けています。授業は週に1回のため、学習する量が多く、かなり駆け足になるので結構大変です。

毎週授業の日の雰囲気はどんな感じなのでしょうか?

先生 授業は朝の9時からお昼までしっかりとやるのですが、2時限目が終わったら20分のちょっと長めの休憩があるんです。

その時に生徒たちは各々お菓子持ってきたりして、子供たち同士で日本語で思いっきりおしゃべりしたり遊んだりして、それが楽しくて来る子もいるんです。

なので、雰囲気はすごく良いですよ(笑)

授業以外の部分ではどのような活動があるのですか?

先生 授業以外には七夕だったり、かるた大会だったり、書き初めだったり、他から特別講師を招いて特別授業したりしています。

このようなイベントを通じて、日本の伝統的な文化や風習に触れてもらう機会も大切にしています。

卒業式もちゃんとやるんです。式典を重んじる日本式です(笑)

補習校の学習がしっかり機能するコツはありますか?

先生 補習校はあくまで「補習」なので、自宅での学習が大切です。授業は週に1度だけなので、時間的に足りません。家庭学習をしっかりすることで、補習校の授業との相乗効果が期待できます。

ボランティアで先生をされているのだと思いますが、すぐに教えられるものなのでしょうか?

先生 もちろん、事前に教科書チェックはします。学習指導要領や指導書に照らし合わせて、何を重点的にやるかを事前に確認して、授業に使う教材やプリント、時には先生が台紙を作って各生徒に配ったり。結構、裏方の作業が多いんです(笑)

この題材で何を教えることがポイントなのか、子供達の反応とか雰囲気を見て、「ちゃんと付いてきてるかな?」って気を配ることも見落とせないポイントです。

生徒はインターナショナルスクールに通っているお子さんが多いのですか?

先生 そうですね、ほとんどの生徒がインターに通っているお子さんです。様々なインターナショナルスクールに通われています。

補習校に入るには試験とか審査はあるんですか?

先生 特にありません。条件としては、親のどちらかが日本国籍であること、普段の日本語での会話ができることなどがありますが、それを満たせば皆さん入れます。

ちなみに、文科省から公費の補助を得て運営しているので、どちらかの親が日本国籍であることが必要です。

インターナショナルスクールであるようなグループワーク(チーム学習)みたいなものはあるんですか?

先生 それはないですね。日本の学校と同じ形式の授業を行っています。

小さい子が国語学習で苦労する点は何ですか?

先生 自分の名前は読み書きできるけど、それ以外のひらがなカタカナ、漢字の学習はかなり大変です。小学校低学年まで日本の学校で学んできた子はその点あまり苦労しないようですが、未就学児は少し大変なようです。

ボランティアでされている先生の動機は?

先生 日本人の子供たちの日本語学習の機会を提供するという趣旨に賛同して、先生をさせていただいてます。

中にはお父さんかお母さんがマレーシア人という子もいるので、そういう子たちに日本語を教えることもに意義を感じています。その子供たちも、いずれ日本に行く機会があるかもしれないですから、ここで日本語に触れる経験をしておくことは大事だと思います。

 

Shingo 本日は長い時間お話しを聞かせていただき、ありがとうございました!☺️

その他2つの 補習授業校

マレーシアにあるその他の補習校は、クアラルンプールとペラ州(イポー)にあるようです。

クアラルンプール補習校は、モントキアラにあるようです。

クアラルンプール補習授業校
http://kljss.com/

ペラ補習校の連絡先は、以下の在マレーシア・ペナン総領事館のHPをご覧ください。

在ペナン日本国総領事館
ペラ補習授業校

Kana
Kana
なんだか良い仕組みがあるんですね〜
Shingo
Shingo
本当にそうですよね。特にまだ小さい子の国語教育には大きな助けとなりますね。
学費別 マレーシア インターナショナルスクール 一覧 (ペナン編)“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、好評だったクアラルンプール近...
【#119】在マレーシア日本大使館で パスポート の更新をしてきました“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 今回は、在マレーシア日本大使館での ...
【#25】 マレーシア の運転免許と車事情 - 正直怖い思いを何度もしてます -“Go for it マレーシア教育移住日記”にご訪問いただきありがとうございます。 今回は、 マレーシア での車事情についてお伝...

 まとめ

この記事が「参考になった」「面白かった」など、皆様のお役に立つことができましたら、投げ銭にご協力いただけると嬉しいです!金額は自由なので皆様のご評価にお任せいたします。Squareの各種クレジットカード決済(ログイン不要)またはPayPal(ログイン必要)の決済で投げ銭できます。どうぞよろしくお願い申し上げます☺️

※ Square社とPayPal社のカード決済システムは多くのサイトで幅広く利用されています。当ブログがご利用者様のカード情報を得ることはありませんのでご安心ください。

次回に続く

クリックして応援してください!!励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

マレーシア親子留学・教育移住・学校選びについて素朴な疑問にお答えします
質問・無料相談してみる
親子留学・教育移住の無料相談はお気軽に
質問・相談する