開催イベントの告知

2023年夏!エプソムカレッジ で過ごす英語集中ブリティッシュサマースクール、大好評につき今年も開催

お申し込みを締め切りました 😊

2023年7月24日現在、お申し込みを締め切らせていただきました。今年も多数のお申し込みをいただきまして、ありがとうございました。

2023年夏、マレーシアで人気No.1のイギリス式ボーディングスクールである エプソムカレッジ (Epsom College in Malaysia) が、これからマレーシア留学を目指す8〜16歳のお子様に向けに大人気の英語集中強化サマースクール (Epsom’s British Summer School) を今年も開催いたします。

今年もエプソムカレッジの内情に最も詳しいエージェントである Go for it が、エプソム・サマースクールを大解剖してご案内いたします。

Shingo
Shingo
大人気のエプソムのサマースクール、今年も開催ですね!
Kana
Kana
日本人スタッフとして昨年参加した私の次男とエプソム在校生たちの特別インタビューを掲載しました!!

LINEで気軽に質問できる
グループチャットを追加
🤗

ご出発までの間、サマースクールに関して気軽に質問できるLINEのグループチャットを用意しました。参加を希望する親御様は、申し込みフォームの最下部の欄に「LINE ID」を記入してください。(2023.4.27追記)

パスポートに関するご注意 😆

エアアジア航空券を手配する際、生徒さん本人のパスポート番号が必要です。まだお子様のパスポートを取得してない場合、できるだけ早く取得するようお願いいたします。なお、パスポートをお持ちでも、入国日(2023/7/30)から有効期限満了まで6ヵ月以上が必要ですのでご注意ください。

飛行機にはエプソムスタッフが同乗 😆

まだ小中学生のお子様の初めての一人渡航も、エプソムのスタッフがAirAsiaの往復フライトに同乗するので安心です。出発当日、羽田空港でスタッフがお待ちしご案内いたします。

修正点のお知らせ

決済手数料RM125がかかる旨を修正追記いたしました。(2023.5.11)

日本、韓国、中国、マレーシア、そして東南アジア諸国から多くの子供たちが集う大人気のサマースクールのため、定員に到達しだいお申し込み締め切りとなりますので、ぜひお早めにお申し込みください。

Go for it (当ブログ)からお申し込みいただいた皆様には特典をご用意していますので、ぜひ最後までお読みください。

昨年(2022年)のサマースクールに関する以下の記事もご覧いただくと内容の理解がより深まりますので、どうぞあわせてご覧ください。

【#150】エプソムカレッジ で過ごす英語集中サマースクール2022、大好評につき復活開催! 緊急予告 🤗 エプソムカレッジ・2023年ブリティッシュサマースクールは、こちらのページにて募集を開始いたしました!(2023.3...

※本ご案内は《記事広告》です。

2023年夏!エプソムカレッジ で過ごす英語集中ブリティッシュサマースクール、大好評につき今年も開催

Contents
  1. 本格的ボーディングスクール、 エプソムカレッジ とは
  2. 充実のエプソム・ブリティッシュサマースクール2023
  3. スケジュール
  4. 昨年のハイライト (写真集)
  5. 2つのスペシャルインタビュー
  6. Go for it がサマースクールをお勧めする5つの理由
  7. サマースクールのお申し込み手順
  8. サマースクール参加にあたっての注意点
  9. Go for it からお申し込みの3つの特典
  10. まとめ

本格的ボーディングスクール、 エプソムカレッジ とは

Epsom College in Malaysia (以下、単にエプソムカレッジといいます)は、イギリスのロンドン郊外・サリー(Surrey)の地に1855年に創立された伝統あるボーディングスクール Epsom College のマレーシア姉妹校で、2014年にクアラルンプールに設立されてすでに8年の運営実績があります。

近年では、国際的大学進学資格として知られている“Aレベル”の成績がイギリス本校を凌いでおり、着々とその教育成果を伸ばしています。

キャンパスは “東京ドーム4.5個分” の50エーカーと広大で、学校は最新の教育施設を備え、全校生徒は300人を超えます

エプソムカレッジのキャンパスの圧倒的な凄さをお伝えする動画がありますので、ご紹介いたします。

キャンパス紹介動画 (2分13秒)

Epsom College in Malaysia
https://www.epsomcollege.edu.my/

カリキュラム 英国式カリキュラム
学年 幼稚園、プレップスクール(Y1〜6)、シニアスクール(Y7〜11)、シックスフォーム(Y12〜13)
公式SNS YouTubeFacebookInstagramTwitter
学生寮 男女別の学生寮あり
進路 卒業生はシックスフォームをYear13で卒業後、イギリスのケンブリッジ大学やアメリカのスタンフォード大学、UCLA、ワシントン大学などの世界トップレベルの大学に進学を果たしている。日本のトップ国立・私立大学にも進学実績が出ており、近年その実績は目覚ましく伸びている。

エプソムカレッジはマレーシアで随一の本格的ボーディングスクールとして、最も人気の高い学校として知られています。

その生徒は9割が寮生活をするボーディング生で占められており、日本をはじめとする海外からの留学生たちは、エプソムカレッジの英国紳士淑女を育む規律ある寮生活を通して伸び伸びと育ち、卒業後は世界へと羽ばたいています。

Kana
Kana
私の次男は現在エプソムの13年生として、毎日寮生活を送っています。
【#161】名門 エプソム カレッジ で Aレベル1年目のYear12を 終えた次男の現在地 - 刺激的なボーディングライフの真の価値とは?“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 Epsom Collegeにつ...

充実のエプソム・ブリティッシュサマースクール2023

Kana
Kana
それでは、今年のサマースクールをご紹介しましょう!
Shingo
Shingo
今年は昨年よりさらに充実してるという噂ですね!

サマースクールの概要

エプソムカレッジで過ごす
ブリティッシュサマースクール2023
-英語集中強化プログラム-

**1MYR=31円として仮計算

  • 【プログラム名】Epsom’s British Summer School 2023
  • 【日程】7月30日(日) 〜 8月20日(日) 21泊22日の全寮制
  • 【対象】8歳〜16歳の男女のお子様
  • 【参加費】13,750 MYR* (426,250円**)
    *AirAsia(羽田〜クアラルンプール)のお子様の往復航空券代込みのパッケージは、16,625MYR(515,375円**)です。燃料サーチャージはかかりません。
    *上記金額は5月31日までにお申し込みとお支払いを完了したお客様の価格です。6月1日以降のお申し込みとお支払いの場合、15,000 MYR (465,000 円**)、往復航空券込みで18,525MYR(574,275円)となりますのでご了承ください。
    *保護者様向けに、往復航空券のみ2,875MYR(89,125円**)でご購入も承ります。
  • 【費用に含まれるもの】
    ・宿泊費
    ・寮生活のお世話と週1回のランドリーサービス
    ・朝昼晩の1日3回の食事
    ・夕方と夜のアクティビティ
    ・日帰り旅行とパークの入場料
    ・スポーツ活動と施設の利用料
    ・ワークショップとコンペティションに必要な教材
    ・参加証明書
  • 【募集期間】3月〜7月中旬
    ※ 定員に到達次第、締め切らせていただきます。
  • 【主催】Epsom College in Malaysia
  • 【日本語公式パンフレット】ダウンロードはこちら

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

サマースクールに参加する6つの価値

Shingo
Shingo
サマースクールに参加する生徒さんには、どんなメリットがあるんだろう?
Kana
Kana
エプソムならではの密度の濃いサマースクールが経験ができます!

サマースクール6つの価値

  1. すべての教師はイギリスの資格認定を受けいる教員で、イギリスや世界各国で英国式カリキュラムで教鞭を執ってきた経験豊富な先生です。サマーキャンプの授業やアクティビティを通じて、子供たちは“英語を学ぶ”のみならず“英語で学ぶ”機会を豊富に提供します。
  2. 教室での授業は、“楽しく、分かりやすく”をモットーに、子供たちが興味を抱く学び方を通して、英語文法語彙力スピーキング力リーディング力ライティング力ヒアリング力を訓練する機会となります。
    ※英語の授業は年齢やレベルによって少人数にクラス分けされます。
  3. 音楽スポーツアクティビティなど盛りだくさんのメニューを通して、子供たちは生きた英語を習得しながら、英国式の本格的なボーディングスクール体験ができます。
  4. セキュリティがしっかり担保されたエプソムのキャンパスの中で、子供たちは安全に学び、生活することができます
  5. 子供たちは地元マレーシアのギャラリーやミュージアムなどへの遠足を通して、マレーシアの文化に触れることができます。
  6. 日本の他、韓国、中国、東南アジア諸国などから参加する様々な背景をもった仲間と出会い共同生活することで、多様性を肌で感じて学ぶことができます。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

ここで、2023年サマースクールの紹介動画をご案内いたします。

Epsomサマースクール2023紹介動画 (1分12秒)

サマースクールを通して、子供たちは次のメニューでの体験を通して学習を深めていきます。

授業

  • 英語 (English)
  • 音楽とダンス (Music & Dance)
  • 美術と工作 (Arts & Design)
  • 演劇 (Drama)
  • 理数教育 (STEM)
  • 体育 (Sports)
  • 図書館での学習 (Study at library)

ダンスやシンギングのイベントも盛りだくさん

アクティビティ

  • バーベキュー (BBQ)
  • ピザ作り (Pizza making)
  • 映画鑑賞 (Movie night)
  • アメージングレース (Amazing race)
  • ナイトマーケット (Night market)
  • 日記 (Diary writing)

BBQやアウトドアランチの機会も豊富

遠足 (Excursion)

  • KLCC都心散策と科学館 (KLCC & Science museum)
  • 世界遺産の歴史都市マラッカ散策 (Malacca day trip)

毎年恒例のKLCCと科学館訪問

修了式 (Graduation ceremony)

最終日に閉会式(修了式)を行います

最終日閉会式への親御様の参加

最終日には、お子様の成果を発表する卒業式を開催いたします。親御様もご参加いただけますので、ご希望があれば申し込みフォームの「最後の欄」にその旨ご記載ください。

最終日の閉会式前日にクアラルンプールでの宿泊をご希望の親御様には、KLIA2(空港第2ターミナル)の Tune Hotel へ特別価格で宿泊手配を承ることも可能です。

Kana
Kana
充実の3週間ですね!
Shingo
Shingo
英語の勉強もアクティビティも遊びも盛りだくさんで、かなり充実してますね。

※ 上記は過去の事例です。サマースクールの内容は一部変更になる場合があります。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

スケジュール

Kana
Kana
ではここで、サマースクール全日程のスケジュール詳細をご案内します。
Shingo
Shingo
お願いします!

全日程のスケジュール

日付 日数 予定
7/30() 1日目 到着、出欠確認
7/31(月) 2日目 授業・アクティビティ
8/1(火) 3日目
8/2(水) 4日目 遠足 (KL Tower)
8/3(木) 5日目 授業・アクティビティ
8/4(金) 6日目
8/5() 7日目
8/6() 8日目 遠足 (Malacca、動物園)
8/7(月) 9日目 授業・アクティビティ
8/8(火) 10日目
8/9(水) 11日目 遠足 (KLCC、SuperPark)
8/10(木) 12日目 授業・アクティビティ
8/11(金) 13日目
8/12() 14日目
8/13() 15日目 遠足 (Tadom Hill、モール)
8/14(月) 16日目 授業・アクティビティ
8/15(火) 17日目
8/16(水) 18日目 遠足 (Putrajaya、モール)
8/17(木) 19日目 授業・アクティビティ
8/18(金) 20日目
8/19() 21日目 学芸会
8/20() 22日目 閉会式、出発

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

到着日 – 7/30(日)

時間 予定
14:00 出席確認、学校案内
18:00 夕食
19:00 夜のプログラムの説明
20:00 安全ガイドライン説明
20:30 ボーディングハウスの説明
21:00 リラックスタイム
21:45 消灯

授業・アクティビティの日

時間 予定
7:00 朝食
9:00 授業 (英語)
11:00 ブレイクタイム (休憩)
11:30 授業 (英語)
12:30 ランチタイム (昼食)
14:00 授業 (音楽/美術/演劇/ロボティクス/調理実習)
16:00 スナックタイム (おやつ)
16:30 アクティビティ (スポーツ/娯楽)
17:30 シャワー・着替え
19:00 アクティビティ (ゲーム/音楽/映画/スポーツ)
20:30 ブレイクタイム (休憩)
21:00 消灯

午前の活動 (英語集中強化プログラム)

全日程を通して、午前中のクラスでは、楽しく英語を学ぶために、英語での会話を中心に授業を行います。

このセッションはサマースクールのカリキュラムの基礎となる要素で、生徒たちの得意なところや苦手なところを講師が把握しながら、生徒がうまく英語環境に溶け込めることを目的としています。

午後の活動 (探究学習ほか)

午後のクラスでは、外での遊びやアクティビティを取り入れ、STEMの実験、音楽、演劇、ダンス、美術などの授業を行います。

午前中のクラスとは別のメンバーで行動し、生徒間の交流の幅が広がるように工夫されています。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

遠足の日 (8/2, 6, 9, 13, 16の計5日)

時間 予定
7:00 出席確認、朝食
8:30 出発 (バス)
8/2(水) KLタワー
8/6(日) マラッカ動物園
8/9(水) KLCC
8/13(水) 三井アウトレット
8/16(日) プトラジャヤ
9:30〜13:00 ショッピング、昼食
13:00 午後
8/2(水) KLタワー
8/6(日) 世界遺産の街マラッカ散策
8/9(水) KL スーパーパーク
8/13(水) タドムヒル (チームビルディング)
8/16(日) プトラジャヤ
16:00 学校に戻り、シャワータイム
18:00 夕食
21:00 リラックスタイム
21:45 消灯
Shingo
Shingo
遠足の見どころは?
Kana
Kana
マレーシアならではの目的地と企画が盛りだくさんです。

ペトロサインス科学館 (KLCC)

Petrosains
https://petrosains.com.my/

マレーシアの象徴として知られるクアラルンプールの“ペトロナスツインタワー”ですが、そこにマレーシアの国策石油会社ペトロナス社が運営している「ペトロサインス」という科学館があります。

マレー語の“サインス”は英語でいうところの“サイエンス(Science)”で、子供たちにSTEMの展示や体験ができるような場所となっています。

詳しくは、長年旅行代理店でお勤めされていたキャリアを持つママブロガー“みやこうさぎ”さんの『ペトロサインス、質の高い科学博物館』の記事が分かりやすいので、よろしければご覧ください。

世界遺産の街マラッカ (Malacca)

JTB
マレーシア・世界遺産マラッカの見どころ

世界遺産マラッカの街は、エプソムカレッジから約2時間ほどバスに揺られると到着できる場所にあります。

マラッカの街を散策すると、マレーシアが近世以降の世界史の中でどのように西欧諸国と対峙してきたのかという歴史を感じ取ることができます。海に面し、歴史的建造物の多いマラッカを歩くと、世界不思議発見の世界に入り込んだような気分になります。

水上チームビルディング・アクティビティ (Tadom Hill Resort)

Tadom Hill Resorts
Lakeside Team Building

8/13(水)に「タドムヒル」という目的地がありますが、これはクアラルンプール国際空港や三井アウトレットモールからも近くに結婚式や宿泊サービスを提供するリゾート施設のことで、サマースクールでの目的はここでイカダを利用した水上チームビルディングです。

チームビルディングは、一般的には社会人や大学院生、大学のゼミ生が行うようなチームの一体感を醸成する研修体験ですが、エプソムサマースクールでは子供たちにこの体験をしてもらうべく遠足メニューに盛り込んでいます。

Kana
Kana
企画が盛りだくさん。
Shingo
Shingo
息つく暇もありませんね!

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

学芸会の日 – 8/19(土)

時間 予定
7:00 朝食
8:30 学芸会リハーサル
アクティビティ(ゲーム/ロボティクス/音楽)
12:30 ランチタイム (昼食)
14:00 学芸会リハーサル
16:00 着替え
16:20 スポーツ、アクティビティ
17:30 シャワータイム、衣装着用
18:00 夕食
19:00 学芸会本番スタート

最終日 – 8/20(日)

時間 予定
8:00 ブレックファスト (朝食)
9:00 お迎えの保護者様向けキャンパスツアー
教職員とお別れの挨拶
11:00 閉会式 (修了式)
12:00 お別れランチ会 (昼食)
13:00 帰国へ最終荷造り、お迎えの子は出発
(親御様のお迎えがない子はエプソムにもう1泊します)
Kana
Kana
修了式が終わると、長いサマースクールも解散です。
Shingo
Shingo
最後は、皆んなお別れが寂しいよね。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

昨年のハイライト (写真集)

Kana
Kana
さて、ここでは昨年の写真をいくつかご紹介しましょう!
Shingo
Shingo
写真を見て、イメージを掴んでいただきたいですね。

授業の様子

こちらのクラスでは、輪になって先生が授業を進めています

ネイティブの先生が小さい子のグループの授業をする様子

プロジェクターを使った英語の授業

英語で文章を書く練習をしています

なにやら2人で話し合っています

“Well done”をもらいました!

それぞれの生徒が描いたスケッチを披露

英語でやるドラマ(演劇)の練習風景

ドラマの授業は、自己表現を学ぶために取り入れられています

グループで工作する授業

こちらの2人も“Well done”をもらいました

スポーツ及びアクティビティ

エプソム広いグランドでスポーツを思い切り楽しめます

水鉄砲を使って楽しそう

女子生徒さんたちは大きなレゴブロックでタワーを作りました

男子生徒さんたちも伸び伸びと楽しんでます

駆け足競走前の一コマ

気になる食事の様子

エプソムには大きなダイニングホールがあります

スパゲッティは皆の人気メニュー

早速、お友達同士でランチです

こちらは屋外BBQの時の一コマ

ピザも人気メニューの1つです

日本から持ってきたカップヌードルを食べて一休み

遠足

遠足は、大型バスで出掛けます

小さい子たちを引率するするスタッフ

動物園ではラクダやカメと触れ合いました

チームビルディングでは、イカダ作りから協力し合います

ライフジジャケットでプカプカと浮いて楽しそうです

学芸会

最後の学芸会は練習の成果を披露する場です

歌、ダンス、楽器など、得意なものを披露します

男子もクールなダンスを踊ります

保護者向けキャンパスツアー (最終日)

最終日には保護者向けのキャンパスツアーを行います

サマースクール後の正規留学の相談も多いのです

お母さんが最終日に迎えに来てくれました

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

2つのスペシャルインタビュー

Kana
Kana
ここで、エプソムカレッジ関係者のスペシャルインタビューです!

初めにお話ししてくださったのは、エプソムカレッジの最高学年となるシックスフォーム(Year12〜13)の責任者・兼・入学事務局責任者であるケイト・ブラウン先生です。

ケイト・ブラウン先生 (シックスフォーム責任者)

Mrs. Kate Carden-Brown 先生

先生のご経歴を、簡単に教えていただけますか?

私は25年以上にわたり、教師として生徒の大学受験のサポートをしてきました。

エプソンカレッジの前は、イギリスで350人以上の生徒が在籍する大規模校のシックスフォームで教鞭を執り、生徒たちがオックスフォード大学やケンブリッジ大学に合格するのための指導を行い、実績を積み上げてきました。

私は「生徒の自信を高めること」、そして「教室を超えて課題に取り組む能力を高めること」を信条としています。

2018年にエプソムカレッジに赴任して以来、その信条に基づいた教育を実践しています。

エプソムカレッジのボーディングライフの魅力とは何ですか?

単身留学の生徒に対して、学校は生活しやすい環境を提供することをを心掛けています。その中で、生徒たちは活気溢れるボーディングライフを送っています。

生徒の約半数はマレーシア人ですが、海外からは、日本、韓国、中国、香港、インドネシア、ミャンマー、オーストラリア、ニュージーランド、ロシアから留学生が学んでおり、国際性豊かな環境の中で異文化や多様性を学んでいます。

他国出身の生徒との触れ合いを通してその国のカルチャーを受け入れることは、生徒にとって時にチャレンジングなこともありますが、お互いに刺激しあい尊重しあう生活の中で、中高生という多感な時期にお互いに相手を認め合うことは、ボーディングの大きな魅力と言えるでしょう。

エプソムカレッジで学ぶ生徒たちは、Year13の卒業までにどのように育っていきますか?

エプソムカレッジで過ごす生徒たちは、集団生活の中で組織や個人間で強く関わり合っていきます。その中で《自分はどういう存在なのか?》《自分の役割は何なのか?》ということを考えて育っていきます。

その環境の中で、生徒は自立し、自分の役割を果たそうと努力します。

留学当初は英語がほとんど話せずに恥ずかしがっていた子も、周りの環境に支えられながら徐々に何かを掴み、卒業までには大きな自信となって花開くのです。

私たちは何人もそのような生徒たちを見てきた経験から、ボーディングの環境が人を育てるということを確信しています。

今年のサマースクールで最も魅力となるポイントを教えていただけますか?

エプソムのサマースクールは『英語集中強化プログラム』と銘打っており、英語を話さなければならない環境の中で、集中的に生きた英語を学べる点が大きな魅力です。

サマースクールでは英語を話す機会が豊富に用意されているので、机の上でアカデミックに英語を学ぶのではなく、実践的に英語を使うことが促されます。

その中で、自分が話した英語を相手が理解してくれることで、さらに意欲が湧いてくるという好循環が期待されます。

日本や韓国の生徒たちは自国の学校では英語で話したりコミュニケーションと取るといった実践機会がないので、約3週間のサマースクールで集中的に英語に触れることは非常に有意義な機会であると思います。

午前中の英語の授業以外にも、アクティビティや遠足の機会に生徒たちは新たなことにチャレンジする機会があります。

その中で自分が好きなことを発見したり、今まで出来なかったことが出来るようになったり、成長を感じ取れる機会がたくさんあります。

シャイな自分を解き放ち、英語を話すことを通じて、自信を持ってもらうきっかけになればと思っています。

英語初学者の生徒がサマースクールを通じてどのように変化することが期待されますか?

サマースクールに参加するほとんどの生徒は、英語初学者です。だから、初めはとてもシャイで、英語を話すことに抵抗があります。

しかし、ここでは英語がパーフェクトである必要はなく、ブロークンな英語でも単語だけでも、とにかく相手に英語で話し、それが通じた時の喜びを感じてもらいたいと思っています。

正しい英語を話す必要はありません。とにかく英語を使うことが大切です。その機会はたくさんあるので、いろんなアクティビティで英語を使って欲しいと思っています。

サマースクールでは日本語は話せるスタッフはいますか?

はい、サマースクールを手伝ってくれる正規留学中の高学年の日本人生徒がいますので、安心してください。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

昨年のサマースクールにスタッフとして参加した在校生

Kana
Kana
続いて、昨年スタッフとして参加した現役エプソム生のインタビューです。
Shingo
Shingo
むむっ!

在校生スタッフ(カウンセラー)としてサマースクールに参加できるのは、運営チームの先生から直々に声をかけられたYear10〜13の現役の精鋭たちです。

2022年は、25人の在校生がスタッフとしてサマースクールに参加する生徒さんのケアを担当しました。

参加する生徒さんの中には、英語初学者の日本人や韓国人の生徒さんが多く含まれるため、母国語が話せるエプソム現役生がスタッフとして参加しています。

昨年スタッフとして参加した生徒たち

Shin (日本人/在学1.5年/欧州大学志望)
Zhi Yu (マレーシア人/在学1.5年/英国or香港大学志望)
Taranie (マレーシア人/在学5年/英国大学志望)
Tiha (マレーシア人/在学4年/英国大学志望)
Afiq (マレーシア人/在学7年/英国大学志望)

今回私たちがインタビューさせていただいたのは、2022年のサマースクールでカウンセラーを務めた日本人とマレーシア人の5人の現役生。座談会形式で、ざっくばらんにお話を聞かせていただきました。

皆さん、なぜサマースクールのカウンセラーを引き受けたのですか?

Afiq 自分にとっても経験になり、夏休みも充実したものになると考えたからです。

Zhi Yu 夏休みは2ヵ月近くあり、勉強するだけでは退屈さを感じると思っていたところ、先生から誘ってもらい、自分にとっても良い経験になると思ったから参加することにしました。

Taranie 私は昨年エプソムを卒業したのですが、大学入学までの間にギャップイヤーを取ろうと考えていたところ、何か体験できる機会があれば積極的に参加したいと考えていたため、サマースクールに参加しました。

Tiha 私はこれまで、父親の仕事の都合でいくつかの外国で生活してきましたが、夏休みになると、以前住んでいた国のサマースクールに参加するのが楽しみでした。その経験から、自分がサポートできる立場になれることを嬉しく思い、参加することにしました。

Shin 日本語と英語の両方のスキルを生かして生徒さんたちの役に立てることは、自分にとっても成長の機会になると思い参加することにしました。

サマースクールの中でのカウンセラーの役割は、どのようなものですか?

常に、生徒さんたちと同じスケジュールで過ごします。

日中の英語の授業は英語のレベルによって分けられていて、授業はエプソムの先生が行いますが、私たちも英語初学者のクラスに入り、ティーチングアシスタントとして授業をサポートします。

授業以外の時間は、ハウス(寮)ごとに分かれて活動するので、自分の担当するハウスの子どもたちと一緒に過ごします。

遠足にも同行して、自由時間には生徒さんたちに付き添って買い物をしたり、食事をしたり、点呼を取ったり、《具合の悪い子がいないか?》《喧嘩が起きていないか?》など、常に子どもたちに目を配りました。

カウンセラーは先生ではないけど、子供でもない。身近なお兄さんやお姉さんのような存在で、活動時間は1日に12時間を超えることもあり、正直、激務な毎日でした(笑)。だから、私たちも、気力と体力が必要です。

スタッフの立場ではありましたが、参加している生徒さんたちが楽しめるように、自分たち自身も楽しんでいました。

《来年もまた来たい!》《先生は来年もいますか?》と言ってくれた子もいて、今年もぜひカウンセラーとして参加したいと思っています。

日本から来た生徒さんたちは、初めどんな様子でしたか?

サマースクールのためにエプソムがアレンジした日本からのエアアジアのチャーター機は、深夜に羽田空港を出発してクアラルンプール国際空港には早朝に到着します。そのため、私たちスタッフは、午前3時に起きて準備し、空港に生徒さんたちを迎えに行きました。

日本からはエプソムの卒業生が出発する子どもたちのサポートで飛行機に同乗していましたが、実際にクアラルンプール国際空港に到着して皆さんの姿を見るまで、緊張して待っていました。

到着した生徒さんたちを学校まで送り届ける大型バスは、全部で6台にもなりました。空港の到着口にはバスの長い列。これからすごいサマースクールが始まることを感じさせる圧巻の光景でした。

エアアジアの職員に誘導されて、たくさんの日本の生徒さんたちが一斉に入国ゲートから出てきました。エプソムの職員がタブレットを持って、一人一人のパスポートを確認し、皆がバスに乗り込みました。眠そうにしている子もいれば、テンションが上がっている子もいました。

空港でのお出迎え

日本人と韓国人の子供はシャイな子が多く、はじめは恥ずかしがっていてすごくおとなしかったです。でも2〜3日を過ぎるとだいぶ慣れた様子で、かなり笑顔が見られるようになりました。

サマースクール中の面白かったエピソード、思い出に残る出来事があれば教えてください。

たくさんあり過ぎます…😅 いくつかのエピソードを以下にご紹介します。

  • 子どもたちが生活していた寮の部屋の中は常に散らかっていて、いつも床には何かの液体(お水、ジュース、ゼリーなど)がこぼれていた。
  • 先生が近くのコンビニに連れて行ってくれて、お小遣いで買い物をしていいよと言ったら、子どもたちが一斉に棚の商品に飛びつき、お店の棚が空っぽになった。
  • お小遣いで買ったコーラにメントスを入れて、ダイニングホールで“メントスコーラ(泡が吹き出す)”をやろうとしていた子を発見し、走り込んで間一髪で阻止した。
  • ショッピングモールに遠足に行った時、自由時間に玩具屋さんで自分の体と同じくらい大きなおもちゃの銃(プラスチック製ピストル)を買ってきた子がいて驚いた。
  • オーディトリアム(講堂)での集会後、寮に戻る前に点呼をとったら、1人の子がいなくて探し回ったら、椅子の跳ね上がり座面と背もたれの間にすっぽり挟まって動けなくなっていた。
  • コンビニでペットボトルのジンジャエールを買ってきた子がいて、それを羨ましく思った他の子が売ってくれと交渉し、50リンギ(1,500円)で売買が成立しそうになっていたのを静止した。
  • 日本への帰国する際、空港でチェックインに立ち会った時に、ある生徒さんに「パスポートはどこ?」と聞くと、「大事なものなのでスーツケースに入れました!」と自信満々な返事が返ってきて、チェックインカウンターでドロップされる寸前のスーツケースを止めた。

今となっては笑い話ですが、その時は僕らも必死で生徒さんたちの対応に当たっていました😅

サマースクールで生徒さんたちの英語の成長を感じたのはどんなところですか?

ゆっくりだけど、毎日接しているうちに英語がどんどん出てくるようになっていくのを感じた。

日本人のカウンセラーはいるけど、すべての日本人の生徒さんに終日付き添うことができるわけではありません。あくまでも、困った時に話を聞くためです。

子どもたちが接する多くのカウンセラーは日本人ではないので、英語で伝えなければならない環境です。だから、なんとか英語で伝えようとするきっかけが生まれます。その時に、生徒さんたちの成長を感じることができました。

初めは言葉を発することも躊躇していた子でも、徐々に恥ずかしさがなくなり、なんとか喋ろうという姿を見て、私たちも嬉しくなりました。

20日間という長い期間を一緒に過ごし、教室の中だけでなく、バスに乗って長距離を移動したり、スポーツで競い合ったり、食事を取るための手助けをしたり、自由時間をどのように過ごすかを一緒に考えたり、とにかくカウンセラーは子どもたちと常に一緒でした。

モールで生徒さんと次男との一コマ

昨日は出来なかったことが今日は出来るようになったり、学んだ英語が自然と使えるようになったり、本人も私たちも多くの発見があったと思います。

サマースクールでサポートしていた生徒さんが、その後エプソムに正規入学をしてお互いエプソム生として再会した時、その子が「先生〜!」と言って駆け寄ってきてくれた時は、本当に嬉しかったです。今でも校内で会うと「先生!」と言って手を振ってくれまるので、とっても可愛いです。

英語のレベルごとにクラス分けされますが、授業以外の時間にはいつもカウンセラーが困ったことに対応していました。たくさんのコミュニケーションの中で会話が生まれ、どんどん英語が出てくるようになった時に、長期滞在型のサマースクールの意味を感じることができました。

エプソムのサマースクールをお勧めするポイントはなんですか?

日本に限らず、世界中の様々な国から参加する生徒さんがいるので、国籍を超えた友達ができる点は大きな魅力だと思います。

サマースクールに参加すると、日本の常識にとらわれず、国際的な感覚を経験することができ、カウンセラーが誘ったり話しかけたりしながら常に英語で接するので、英語を発することに抵抗がなくなります。

ドラマ、歌、ダンス、スポーツ、工作など、いろんな能力を披露する機会が与えられるので、それは生徒さんたちにとって新たなチャレンジとなり、今まで気付かなかった能力が発揮できるチャンスとなります。

また、集団生活の中で《集合時間に集まる》《その日ごとのルールを守る》など、自分で覚えて行動する機会がたくさんあるので、自立心が促されると思います。

これから参加するお子様に、サマースクール参加前に準備しておいたほうが良いともうことはありますか?

はい、以下に箇条書きでお伝えします。

  • 他者との共同生活の中でお互いに快適に過ごすために、自分の身の回りの整理整頓・掃除は自分でするという感覚を持って臨んでいただくのがいいかなと思います。
  • 充電が必要な機器をマレーシアに持って来るのに変換プラグ(A→BF)を持っていない子が多かったので、充電が必要な機器を持ち込む場合は変換プラグを事前に日本で購入して来たほうがいいと思います。
  • スイミングや水に濡れるアクティビティがありますが、水着を持ってない子が何人かいました。持ち物リストは、しっかりとチェックしていただきたいと思います。
  • 日本円しか持っていなくて急用で立て替えてあげなければならない機会が多かったので、マレーシアリンギットに両替したお金を持ってきた方がいいと思います。
  • アウトドアやスポーツに適した服装を持ってこなかった子もいました。汚れてもいい、動きやすい服装があれば十分なので、汗をかくことを想定して、着替えの衣類は多めに持ってきたいただきたいです。
  • どんなことにお金を使い、どんなことには使わないほうがいいのか、お金の使い方について事前に親子で話し合っておくことをお勧めします。そして、お金はあまり持たせすぎないほうがいいと思います。
  • パスポートやお金など貴重品の扱いについても、親子で事前に話し合っておくほうがいいと思います。“パスポートが見当たりません”という連絡が何度もあって、一緒に荷物を探すと、必ず荷物の中から出てきました。とても大事なものなので、しまう場所を決めておく、毎日確認するなど、事前に決めておくとスムーズだと思います。
  • スマートフォンを持ち込んでも構わないですが、スマホをいじっていると自由時間に友達と触れ合う機会が減ってしまいます。また、スマホを失くした、忘れた、壊れたなどのトラブルもありました。スマホを持ってくるなら、使い方を事前に親子で話し合って決めておいた方がいいと思います。

Go for it 貴重なお話しを聞かせていただき、ありがとうございました。

Kana
Kana
インタビューを終えて一言。

今回お話しを聞かせていただいた5名の現役生たちは、キラキラした笑顔でサマースクールの様子を話してくれて、聞いている私たちにも楽しそうな様子が伝わってきました。

カウンセラーの仕事は、きっとかなり大変です。しかし5名の皆さんは「機会があればまたカウンセラーをやりたい」と言っていて、その時間が充実していたことが分かります。

通学型のサマースクールやもっと短期間のサマースクールもありますが、エプソムは過去の実績から、この長期間の宿泊型のサマースクールが有意義なものであるという自信を持っています。

このボリュームだからこそできる貴重な経験が、きっとあるのだと私たちは思います。

Shingo
Shingo
いや〜、いい話だった。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

Go for it がサマースクールをお勧めする5つの理由

Kana
Kana
エプソムのサマースクールをお勧めする理由を、私たちの視点で挙げてみます。

1. 国際比較での優れたコストパフォーマンス

エプソムのサマースクールは21泊22日の旅程で、価格は日本円換算で43〜57万円です。

夏休みに人気のカナダ、イギリス、アメリカなどのサマースクールは、2〜3週間で60〜100万円かかるので、そのコストパフォーマンスは抜群です。

エアアジアのチャーター機で羽田からクアラルンプールへ

2. 子供のボーディング適応度が分かる絶好の機会

約3週間のサマースクールで正規留学とまったく同じボーディング体験ができます

約3週間のサマースクールを通して、共同生活ができるか、多様性の中で我が子はうまくやっていけるかなど、将来我が子は “単身留学できそうか?“ ということの感触が得られる絶好の機会なのです。

3. エプソムカレッジ正規留学の擬似体験ができる

エプソムカレッジはマレーシアで随一の本格的ボーディングスクールであり、英国の伝統ある教育をマレーシアで受けることができます

エプソムカレッジの卒業生の世界の一流大学への進学実績は、近年、目覚ましいものがあります。

正規留学と変わらない体験をサマーキャンプで味わうことができるサマースクールは、実は非常に大きなメリットなのです。

4. 英語で話す環境と密度の濃さ

サマースクールは英語集中強化プログラムと銘打っており、レベル別に英語の授業が密に提供されます。

それだけではなく、サマースクールでは昼夜を問わない豊富なアクティビティ、ボーディングハウスでの他国から参加したルームメイトとのおしゃべりもすべて英語で話さなければなりません。

濃密な約3週間のサマースクールで、英語を話すことに目覚めるお子様も毎年多く見られます

5. 多様性の中で大きく成長できる機会

サマースクールでは、参加者は日本からのみならず、韓国、中国、マレーシア、その他東南アジア諸国から集まります。

当然、共通言語は英語となり、まだ英語に自信がないお子様も、一生懸命英語で話そうとします。なぜなら、他の国の子たちと話がしたいからです。

自分とは違う子たちと接することで多様性を受け入れ、プログラムの中にある豊富な機会を通して、子供たちは、自信 (Confident) と 自立心 (Independent) を持ち、そして 挑戦 (Challenge) することを学び、お子様の可能性を広げるサマーキャンプなのです。

Shingo
Shingo
メリットが盛りだくさんですね!

サマースクールのお申し込み手順

お申し込み方法

以下のお申し込みフォームより必要事項をご入力の上、お申し込み情報を送信ください。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

お申し込みの流れ

お申し込みからお支払い、そしてサマースクールのご案内までの流れは次のとおりです。

お申し込みの流れ

  1. Go for it のWebサイトからお申し込みフォーム送信 (この時点では仮申し込み)
  2. Googleフォームより、お申し込み確認メールの自動返信
  3. エプソムより、正式申込書と支払方法のご案内をお客様宛に2営業日以内にメールで送信
    *2営業日以内にメールにてご案内差し上げます。
  4. お客様にて代金お支払い
  5. その後、サマースクールの利用規約に関するフォームをご案内しますので、必要事項を入力の上、送信してください。
  6. 【銀行振込の場合】エプソムにて着金を確認後、領収書をお送りいたします。
    【カード払いの場合】エプソムにて、いただいたカード情報を元にカード決済を行い、領収証をお送りいたします。
お申し込みフローチャート

サマースクールに関して Go for it に質問したいことがある場合は、いつでも私たちまでこちらよりお問い合わせください。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

初めての海外銀行振込なら“WISE”が便利

Kana
Kana
国際銀行送金をした経験がないと、ちゃんとできるかどうか不安です。
Shingo
Shingo
そういう不安を解消してくれるとっても簡単な国際送金サービスがWISEです。

WISE”は、送金手数料が最も安いサービスとして世界的に人気です。送金手数料は、SBIレミット、楽天銀行、新生銀行と比べても割安です。

以下のリンクよりアカウントを作成して送金していただくと、最大で2,500MYR(77,500円相当*)までの手数料が無料になるクーポンがプレゼントされるキャンペーンを実施中なので、ぜひご利用ください。

*1MYR=31円として仮計算

WISE (国際送金サービス)
https://wise.com/

◉ WISEの説明動画

今後のために便利なサービスなので、ぜひアカウントを作成しておくことをお勧めいたします。

なお、送金先のエプソムカレッジの銀行口座は、お申し込みいただいた後にエプソムから直接メールでご案内差し上げます。

決済手数料

銀行振込、カード払い、いずれの場合もRM125の決済手数料がかかります。

キャンセルについて

5月31日まではキャンセルすることが可能です。ただし、エアアジア航空券代の払い戻しはできません。保護者の方の航空券も申し込んだ場合、その航空券はキャンセル不可となりご返金はできません。

なお、6月1日以降のキャンセルはご返金いたしかねますのでご了承ください。

お申し込み後のキャンセルは、直接エプソムカレッジにお申し出ください。(Go for it ではキャンセルを承ることができません)

サマースクール参加にあたっての注意点

Shingo
Shingo
次に、サマースクール参加に当たっての注意点をお伝えします。

お子様本人のパスポート

サマースクールに参加する場合、エアアジア航空券を手配する時点でお子様本人のパスポートが必要となります。

もし、お申し込み時点でまだお子様のパスポートを保有していない場合、できるだけ早い時期にパスポートを取得していただき、取得後速やかにエプソムカレッジにパスポート番号をお伝えください。

英語力確認テスト

お申し込みとお支払い完了後、お子様の現在の英語習得レベルを学校が把握するため、すべてのお子様にオンラインで簡単な英語のテスト(Oxford Placement Test)をしていただく流れとなります。

このテストは、すべてのお子様の英語レベルに合わせて適切な英語授業が提供できるよう、お子様の英語力を把握するためのもので、英語がまったく話せなくても不合格となることはありません

オンラインのため、PCなどデバイス操作に慣れていない小さいお子様がテストを受ける場合、お母様のサポートが必要となりますのでご留意ください。

コロナ関連

コロナのワクチン接種は事前に必要ですか?

2023年3月現在、マレーシア政府の方針では「17歳以下」の子供はワクチンの接種・未接種にかかわらず、隔離なしで入国することが可能です。

ご参考までに、マレーシア日本大使館のHPの案内をご参照ください。

在マレーシア日本国大使館 (2022.12.23)
マレーシアへの入国手続きについて

サマースクール怪我や病気になった場合、どのような対応になりますか?

キャンパスには、24時間体制で看護師が常駐しています。万一、生徒がコロナ陽性と判定された場合、完治するまで隔離病棟で看護を受けてゆっくりと休みを取ります。また、必要に応じで近隣のクリニックで医師の診断を受け、さらに症状が重い場合は大きな病院(Aurelius Hospital Nilai)での診療を受けられる体制を整えています。

近隣の大きな病院(Aurelius Hospital Nilai)

ボーディングハウスの中でも、マスク着用は必須ですか?

現在、キャンパス内でのマスク着用は必須ではありません。

日本に帰国する際、PCR検査は必要ですか?

有効なワクチン接種証明書を持たない生徒は、PCR検査で陰性であることを証明する必要があります。

詳しくは、以下の厚生労働省のHPをご覧ください。

厚生労働省
日本入国時の検疫措置

日本に帰国するために必要なPCR検査は、どこで行えばいいですか?

日本帰国の前に必要なPCR検査は、エプソムにて有料(200MYRの現金払い)で承ります。

マレーシア渡航の直前にPCR検査で陽性となった場合、どうしたらいいですか?

マレーシア渡航前に日本で陽性が判明した場合、日本政府の規定に従い、自己隔離や入院後に陰性になってから渡航し、途中からの参加となります。その場合、往路航空券はご自身で手配していただくようお願いいたします。

日本帰国の直前に陽性となった場合、どうしたらいいですか?

日本に帰国する直前に陽性になった場合、予定している復路の飛行機に搭乗することができません。回復までエプソムのキャンパス(または病院)で経過観察し、陰性となるまで過ごしていただきます(滞在費は別途かかります)。この場合、ご家族の方がお子様をお迎えに来ていただく必要があります。その際の復路航空券はご自身で手配していただく必要があります。

持ち物リスト

持ち物リスト

  • Tシャツ6枚 (屋外活動・スポーツに適したもの)
  • ポロシャツ/ワンピース/スマートカジュアル5枚 (授業用)
  • ジーンズ/ズボン/スカート3着
  • ハーフパンツ3着 (屋外活動・スポーツに適したもの)
  • 靴下7足 (屋外活動・スポーツに適したもの)
  • 水着1着/ゴーグル/水泳帽
  • 寝間着5着
  • スポーツシューズ2足
  • サンダル/スリッパ/屋外サンダル/カジュアル履物
  • 消臭剤
  • 洗面用具 (石鹸/シャワージェル/シャンプー/リンス/香水/化粧品)
  • 日焼け止め
  • タオル (フェイスタオル/バスタオル)
  • 消毒薬、常備薬
  • 衛生用品
  • 南京錠 (百均で買えるもの)
  • お菓子、ふりかけ、味噌汁、カップヌードル等のインスタント軽食
  • 電源プラグアダプタ (A→BFタイプに変換するもの)
  • ウエストポーチ等の遠足用バッグ
  • お小遣い (マレーシアリンギット)

お小遣いに関する注意事項

昨年(2022年)のサマースクールで、モール等に遠足に行った際、マレーシアリンギット(MYR)を持たない子が日本円からリンギットに両替するために並んで、かなり時間がかかって自由時間をつぶしてしまいました。日本であらかじめマレーシアリンギットを両替の上でサマースクールに参加したほうがお子様の手間もかからずスムーズですので、ご配慮いただければと思います。Go for it の見解では、お小遣いの目安は「300〜500MYR」くらいが妥当な金額だと思います。大金の持参はトラブルの元ですので、あまり大きな金額を持ち込まないようご注意ください。

衣類の洗濯

衣類洗濯のランドリーサービスは週に1回提供されますが、ランドリーに出した後に服が戻るまでに数日かかりますので、できれば2週間前後ほどの衣類をご用意ください。また、マレーシアは暑いので、スポーツウェアは数に余裕をもってご持参ください。

スマートフォン

スマートフォンをエプソムのキャンパスに持ち込むことは可能です。スマートフォンの持ち込みは、それぞれのお子様の年齢に応じて各ご家庭でご判断ください。

常備薬

もしお子様が普段から服用している薬があれば、ご持参ください。その場合、もし何かあった際にマレーシアの医師や看護師が判断できるように、製薬会社、種類、製品名が英語表記で分かるようにしてください。

到着日と帰国日についての補足

Shingo
Shingo
全体のスケジュールと日本-マレーシア間の往復について、少し補足させていただきます。

7/29 – ご自宅出発

ご自宅を出発して東京・羽田空港に向かうのは7/29(土)です。

搭乗するのは23:45発クアラルンプール行きの国際線のため、コロナ禍の現在では少し時間的余裕をもって出発時刻の3時間前の20:30には羽田空港国際線ターミナルの到着するように移動手段を手配してください。

東京近郊以外からご参加されるお客様は、上記スケジュールを念頭に前泊等の予定を計画してください。

7/29 – フライト(羽田発・クアラルンプール着)

日付が変わった7/29(土)、23:45羽田初のエアアジア便で出発します。
クアラルンプール国際空港には、7/30(日)のマレーシア時間の早朝5:55に到着予定です。

フライト情報 (往路)
空港 発着日時
羽田空港 7/29(土)
23:45発
クアラルンプール
国際空港
7/30(日)
5:55着

入国手続が無事に終わった後、参加者はエプソムが手配したバスに誘導され、キャンパスに向かいます。

キャンパスに到着したら受付を済ませ、その後は自由時間となります。その後、キャンプの予定を説明するオリエンテーションがあります。

7/30 〜 8/20 – サマースクール期間

サマースクールの日程は、7/30(日)〜8/20(日)の21泊22日を予定しています。最終日には修了式を行いますので、保護者の方もぜひご参加ください。

サマースクールは8月20日で終了となりますが、フライトが翌21日のため、20日に保護者の方のお迎えがないお子様はエプソムのキャンパスにもう1泊いたします。

8/21 – フライト (日本へ帰国)

帰国日はお昼頃までエプソムのキャンパスで過ごし、その後バスで空港へと向かいます。
クアラルンプール国際空港を14:20に出発し、東京・羽田空港には22:30の到着を予定しています。

フライト情報 (復路)
空港 発着日時
クアラルンプール
国際空港
8/21(月)
14:20発
羽田空港 8/21(月)
22:30着

東京近郊以外からのご参加されるお客様は、帰国日当日の東京宿泊の可能性もあるかと思いますので、その点ご注意ください。

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

Go for it からお申し込みの3つの特典

Shingo
Shingo
ここで、Go for it からサマースクールをお申し込みいただいた方への特典をご説明します。

1. エプソムカレッジ正規留学の2回の無料カウンセリング

Go for it では、エプソムのサマースクールに正式お申し込みをされたお客様を対象に、エプソムカレッジへの正規留学無料カウンセリングをご提供しています。通常は1回のみ無料ですが、2回目まで無料でカウンセリングを承ります。

サマースクール終了後、エプソムカレッジへの正規留学のご相談をどうぞお気軽にお寄せください。

2. ご出発までLINEのグループチャットで気軽に質問

参加する生徒さんの親御様向けに、ご出発までの間に気軽に質問できるLINEのグループチャットを設けました。

ご希望の方は、お申し込みフォームの最下部にある「LINE ID」の欄にご自身のIDを入力の上、送信してください。

なお、ご参加をご希望の場合、親御様のLINE IDを私たちがLINE上で検索できる設定にしておくようお願いいたします

3. サマースクール後に正規留学の場合、ガーディアンをお引き受け

今回、Go for it 経由でエプソムのサマースクールにお申し込みいただきましたお子様が、その後エプソムへの正規留学が確定された場合、ガーディアンシップのサービスをご提供いたします。

ガーディアンについての詳細は、こちらのフォームよりお問い合わせください。

Kana
Kana
どうぞお気軽にお問い合わせください!

お申し込みを締め切らせていただきました。(2024.7.24)

まとめ

【#93】エプソムカレッジ、マルボロカレッジなど、英国の名門 ボーディングスクール ・マレーシア分校お勧め5選“Go for it マレーシア教育移住日記”のブログにご訪問いただきありがとうございます。 マレーシアには、英国の名門 ボーディ...

クリックして応援してください!!励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

本記事の著作権は Go for it (株式会社GFIエデュケーションズ) に帰属いたします。

<記事広告>

マレーシア親子留学・教育移住・学校選びについて素朴な疑問にお答えします
質問・無料相談してみる
親子留学・教育移住の無料相談はお気軽に
質問・相談する